マイクロロン ハイブリットメタルトリートメント 

マイクロロンキャンペーン




地球に優しいハイブリッド車は、エンジンにも優しいか?
低燃費を実現するために、頻繁にエンジン停止モードを採用するハイブリッド車のエンジンは通常のエンジンに比べて数倍も過酷な稼動条件を強いられています。

通常のエンジンの数十倍のオン・オフはエンジンの潤滑不良、摩擦磨耗の発生原因となり、エンジン寿命の短化、騒音の発生、燃費の低下をもたらします。エンジンの開発設計段階でもこの点は検討され、各パーツの軽量化、材料の選択に加えエンジンピストンの樹脂コーティングも採用されています。

マイクロロンの提案もここにあります。
マイクロロンがもたらすベストコンディションの持続は愛車との末永いお付き合いを実現し、まさしく 「地球に優しい」車の「地球に優しい」乗り方を実現します。

●開発の背景
 21世紀に間に合ったという環境重視のハイブリッド車が増えています。モーターと内燃機関のエンジンを併用するハイブリッド車のエンジンは従来の車のエンジンに競べてある意味では格段の厳しい条件下に置かれています。運転状況に応じてエンジンは止まったり起動したりします。ストップ&ゴーの頻度は通常の車の何十倍いや何百倍、何千倍もの回数になります。始動と停止を短期間に繰り返すことはエンジンにとって特殊な負荷がかかります。このため、本来は静粛で振動も少ないはずのハイブリッド車でノイズや振動音が大きいという不満を抱いているユーザーも増えています。この主な原因は苛酷な条件におかれたエンジンが予想外に早くから磨耗による振動やノイズを発生するためです。多走行車ではこの傾向はもっと顕著に表れます。

●地球のためにマイクロロンだけが出来ること
Microlon HYBRID はエンジンの振動やノイズを抑え、磨耗を防ぎます。
エンジン保護剤として長い経験と実績を持つMicrolon では、ハイブリッド車用にエンジン保護剤を開発しました。アイドリングが難しいハイブリッド車のために速効性を持たせました。マイクロロンの定着まで約2時間(約100km)です。マイクロロン処理をされたエンジンはコンプレッションが向上し、燃焼効率が高まりパワーアップします。また、エンジンの振動やノイズを抑え磨耗を防ぐことで、快適なエンジンの状態をできる限り長くさせます。もちろん燃費もさらに向上することが期待できます。航空機用から開発されたXAをベースに,現行ハイブリッド車に合わせて、溶媒の設計からレジン量や粒径分布などの最適化を図りました。

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

サポート



ネットサイト運営をサポートする



日々の出来事を紹介をいたします。

Blog